ホコリの中の誇り

ハウスクリーニングで私達が求め続けるもの

京都クリーンクラブはハウスクリーニングが仕事です。

お住まいや店舗を美しくキレイにし、皆様が心地よく暮らし利用できる環境を作り出す仕事です。

床を磨き、窓を拭き、ほこりやカビを取り除き、古いものに新しい見栄えをよみがえらせるそんな仕事です。

それは夏の暑い日も、冬の寒い日も季節に関係なく続く仕事。毎日ホコリと汗にまみれ、地味な作業の繰り返し、目にも見えないものと戦う日々です。

特に目立つわけでも、大工さんのように目に見える何かを作り出すわけでもないそんな仕事です。

でも知っています。そして誇りを持っています。

それは私達がハウスクリーニングをした場所で「普通」に暮らす人がいることを

それは私達がクリーニングをした店舗へ「普通」に出向く人がいることを

その「普通」に我々の持つ誇りがあります。

お住まいに友人が来る場合にお住まいのキレイさを確認するために来る人はいません。店舗のキレイさをチェックするためにお客様は来ません。

別の目的を持って我々がハウスクリーニングした場所へ来られるのです。そしてハウスクリーニングをしてあることに気が付くことはありません。

それが我々の誇りです。人が気が付かないほど自然な環境を作る。それこそが我々の行なうハウスクリーニングです。

我々は普段目にすることのない場所や目に見えないものと毎日戦っています。気が付かないのが当たり前なのです。

気が付かれてはいけないのです。気が付かれたときは汚れや臭い、何らかの原因があるときなのですから。

人々が何も考えることなく快適に普通に空間を楽しむ環境を作り出すことの大切さを私達は知っています。

だからこそ私達は毎日ホコリにまみれ汗を流し、地味な作業を繰り返し人々から見た普通を追い求めていく。

それこそが私達の誇りです。